« 一時期はつうじょうのじぶんの50倍くらいでいきていたわたし とんでもないスピードでいきていた とんでもないスピードでめまぐるしく目の前の光景、パネル変えてっためまぐるしい | トップページ | 【FINAL FANTASY XIV】#16 グリダニア ライトパーティ戦【ファイナルファンタジー14】 »

2017年7月17日 (月)

「汚名」、「パラダイン夫人の恋」、そして「バジル氏の優雅な生活」

この3連休は、漫画と映画三昧でした。
成田美名子先生の「アレクサンドライト」、「エイリアンストリート」
坂田靖子先生の「バジル氏の優雅な生活」
ヒチコック監督の「汚名」、「パラダイン夫人の恋」
「バジル氏の優雅な生活」は、45歳になって読み返しても遜色なく、
大人が読んで満足できる漫画です。
「汚名」は、本筋のサスペンスだけではなく、ケイリー・グラントとイングリッド・バーグマンのキスシーンには、”きゅんきゅん”してしまいました。
そして、イングリッドの表情ひとつひとつがドラマティックで、70年経っても衰えることはありません。
満喫

« 一時期はつうじょうのじぶんの50倍くらいでいきていたわたし とんでもないスピードでいきていた とんでもないスピードでめまぐるしく目の前の光景、パネル変えてっためまぐるしい | トップページ | 【FINAL FANTASY XIV】#16 グリダニア ライトパーティ戦【ファイナルファンタジー14】 »